Top > スキンケア > 心のゆとりとスキンケアの関係

心のゆとりとスキンケアの関係

私が美容について心がけていることは「シンプル」です。いくらでも手間やお金をかけることはできます。本人の許す限り青天井です。

 

OL時代の私の楽しみと言えば話題のスキンケア用品をラインで買い揃えること。導入液や美容液、スペシャルなときだけ使うナイトクリームなどなど。目元のハリを保つためのアイテムや唇専用パックなどなど。使い心地が気に入ってたとしても、一本目がなくなるとまた別のシリーズがほしくなります。

 

休日はデパートやドラッグストアの化粧品コーナーを物色したり、ネットで情報収集をするのも日課のようになっていました。目の回るように忙しい日々、毎晩スキンケアにじっくり時間をかけ一日のことを思い返すのはホッと息つくことのできる瞬間でした。大事な仕事のある前日にはパックをしながら寝転がり、翌日の段取りを考えるのもささやかなルーティーンになっていました。

 

今思うとその頃の私は、行き場のない感情や日々の小さなストレスをスキンケアによって解消させていたのかもしれません。今でも買ったばかりの化粧水を初めて肌につける瞬間のドキドキやワクワクを覚えています。しかし、いつものようにネットで口コミを見ていた時にふと思います。「この先どんどん年齢を重ねていく。今より肌は衰えていく。その時の私は今と同じようにお金も時間もかけられる状況にあるのだろうか」と…手元に残らないものにお金をかけ続けることに疑問を感じ始めます。

 

幸い私はどのスキンケア用品をつかっても肌荒れを起こすことはありませんでした。ボトルがかわいいから、話題だからなどミーハーな考えが購入のポイントでした。ならば!と一念発起します。今まで使った中で一番香りの気に入った化粧水と保湿オイルだけにスキンケアを絞ることにしました。うまくいかないかもしれない不安はありましたがものは試しと強行突破します。しかし驚くことにそれだけでも肌の調子は変わりありませんでした。気を良くした私は今まで行っていた毛穴パックも止め、オリーブオイルと塩でスクラブを作りました。それだけでも小鼻のケアは十分にできました。

 

今の私はすっかり「シンプル」の虜になっています。美容を語れるほど美しくもないと思います。お金も手間もかけていないのが正直なところですが、心はとっても穏やかです。いろいろなものをそぎ落としたからこそ見えてくるものもあるのかなと、そんな気もしています。10年後の自分がどんな肌でどんなスキンケアをしているか楽しみです。美容に関して気をつけることは女性で生まれたからには楽しみ続けたいと思っています。

愛用者急増中ピルの種類について:http://superslimkamakura.com/colum2.html

 

 

 

スキンケア

関連エントリー
スキンケアでピーリングジェルを使ってみた心のゆとりとスキンケアの関係