Top > 注目 > エレベーターが舞台の映画の紹介

エレベーターが舞台の映画の紹介

エレベーターが舞台の映画はたくさんありますが、そのなかでも死刑台のエレベーターは世界的に有名な作品です。

 

フランス映画として1958年に制作されましたが、日本版も人気です。

 

不倫の関係にあった二人が年が離れた医療グループの夫を殺害し、二人で逃亡をする予定だったのですが、その予定が狂わされていきます。

 

エレベーターが舞台ですので、フランス映画でも日本版でもしっかりと映し出されています。

 

エレベーターの故障と修理

 

エレベーターに閉じ込められた事で人生の分岐点が変わる様子をしっかりと見届ける事ができ、後は周りの人にもスポットがあてられます。

 

フランスでは死刑制度は廃止されているため、新たにこの映画を現代版としてリメイクする事は出来ません。

注目

関連エントリー
さくら検査研究所での検査は郵送エレベーターが舞台の映画の紹介親父と歳近い土曜日はやっぱりだらけの日ベラジョンカジノで確実に勝率を上げる裏技とは捨てるのが好きな私と、捨てられない旦那節水タイプが増えていますよ。
カテゴリー
更新履歴
さくら検査研究所での検査は郵送(2019年2月22日)
エレベーターが舞台の映画の紹介(2017年9月22日)
ドコモショップでかわいい店員に勧誘された(2017年9月14日)
お金持ちデートクラブ(2017年7月 2日)
鑑定士、査定士さんとお話する機会があったんです♪(2017年6月 7日)